こども矯正・大人の矯正

歯並びは人の印象を左右する重要な因子です。もちろんですが、健康な生活のために歯並び咬み合わせは重要です。

お子様の顔つきや口元、歯並びが気になっている方心配に思っている方。
ご自身の歯並びや口元にお悩みの方は一度ご相談下さい。

こどもの矯正(混合歯列期)

こどもの矯正

重度の反対咬合(受け口)など特別なケースを除いては、混合歯列期(乳歯と永久歯の生え変わりの時期)に矯正治療を始める事が将来のかみ合わせを一番効率的に計画出来ます。

こどもの矯正(混合歯列期)では、永久歯列がキレイに並ぶための矯正治療を行っていきます。

現代人はなかなかキレイに歯が並ばないことが多いです。

その理由として遺伝的なものや骨格的な体の偏りや歪み、こどもの時の癖などによって歯列や歯並びに不正が起こるからです。

矯正の種類

  • 叢生歯列(歯がガタガタに重なりあう歯列)の予防として歯列が狭くならないようにする矯正治療。
  • 唇の癖や舌の癖、おしゃぶりや口がポカンと空いてしまう癖による歯列不正に対する矯正治療。
  • 軽度から重度までありますが、上顎前突(出っ歯)や下顎前突(反対咬合、受け口)、上下顎前突(口元の前突)などに対して、個々の特徴を改善に導くような矯正治療。
  • 上顎前突傾向なお子様または下顎前突傾向のお子様にはそれを助長させない治療。
  • 顎が小さく永久歯列が並びきらない傾向のお子様には歯列や顎堤を広げてあげる治療。
  • 身体の左右の偏りや歪みが歯列に影響してしまっているお子様には偏りや歪みを改善する治療。

歯並び治療は5~12歳頃(混合歯列期、乳歯と永久歯の生え変わり期)に開始するのが有利です。
当院では下記のように、患者様ごとの希望や状況に合わせた治療法をご提案出来ます。

当院でのこどもの矯正治療の選択肢

  • 筋機能療法(マルチファミリー、ムーシールドなど)
  • インビザラインファースト
  • 各種ワイヤー装置 など
こどもの矯正

こどもの矯正治療(Ⅰ期治療)の目的とメリット

成長期に向けて顎顔面のバランスを整える

こどもの矯正

出っ歯(上顎前突)や受け口(下顎前突)、顔や顎の左右非対称などの場合には、歯や歯並びだけではなく顎顔面の骨格的な問題であることが多いです。ご年齢が早い段階であれば顎顔面の骨格的成長を誘導し適正なバランスに改善させることも出来ます。これが大人になってからではできないこどもの矯正治療の1番のメリットであると考えます。こどもの時に顎顔面のバランスが悪い状態で成長してしまうと顎顔面の骨格的な左右非対称や受け口(下顎前突)を増長させてしまいます。こどもの時に上下顎骨の成長を整えることが出来れば、永久歯列期の矯正治療で抜歯や外科的矯正を回避できる可能性が高くなります。そして永久歯列をキレイな歯並びに誘導することが出来ます。

永久歯が並ぶためのスペースを確保する

こどもの矯正

歯の大きさに比べて顎骨の大きさが小さいと歯並びに叢生(凸凹)が生じる。永久歯が並ぶためのスペースを歯列弓と顎骨を広げることで確保します。顎骨のスペースを作ることが出来ればある程度の叢生(凸凹)は自然と改善していくようになります。

永久歯の咬合と生え変わりを整える

こどもの矯正

永久歯列の完成に向けて上下歯列の前後的な咬合や左右対称な咬合に整えるようにします。永久歯列の完成前に咬合を整えることで成長の歪みを予防します。

乳歯と永久歯の生え変わりがスムーズになるように整えます。永久歯の生え変わりを邪魔してしまう乳歯を抜歯したりすることで、正常な永久歯の生え変わりを誘導します。

口呼吸を改善し正常な鼻呼吸を獲得する

こどもの矯正

下顎骨が小さい場合や下顎が後ろや下に位置する場合に気道が狭くなっていることがあります。上下の顎骨の成長を良い方向に誘導することで気道が自然に広がり、呼吸の状態が改善する効果があります。

上顎骨や上顎歯列が狭窄してしまっている場合に上顎骨や上顎歯列を拡大することで鼻腔を広げる効果も期待できるので正常な鼻呼吸を獲得するべく改善することが出来ます。

口唇や舌の働きを改善し発音も良くなる

口腔周囲筋のトレーニング前・後写真
こどもの矯正

当医院では筋機能訓練にも力を入れています。
(正しく口元の筋肉を使えるようにする訓練や正しい位置に舌を誘導する訓練などを行います)
こちらの写真は筋機能訓練前と訓練4か月経過後の写真です。
悪い習癖を除去し口回りの筋肉を整えることで歯並びが良くなり、出っ歯やぽっかんとお口が空いてしまうなどの状況を改善出来る場合があります。

こちらの症例からも分かるように口がポカンと空いてしまう状態や舌の悪癖は歯並びや顎顔面の歪みに関連していることが言えます。鼻呼吸の誘導と正しい口唇や舌の動きを確認し、口唇や舌の機能的な働きを改善することにより正常な成長と正しい歯並びを獲得できます。発音、呼吸、嚥下を健康的な状態に成長させることが可能になります。

Ⅰ期治療からのスタートで、ダメージを最小限に

こどもの矯正

混合歯列期から永久歯列のスタートで、すでに歪んでしまうと大人になった時にキレイな歯並びを獲得する事は難しくなります。

そのため、こどもの矯正(混合歯列期)ではこども特有のトラブルをケアし、永久歯列をできるだけ良い状態でスタートできるようにすることが大切です。

こどもの矯正治療で永久歯列の誘導が行えると、成長した段階での矯正が必要でも歯や歯周組織のダメージを最小限にして有利に理想的な歯並びに矯正することが可能です。

大人の矯正(永久歯・成人)

大人の矯正

永久歯列の矯正治療では永久歯の最終的な歯並びを直接的に改善していく矯正治療を行って行きます。

ワイヤー矯正では歯の表面にブラケット(装置)を装着する表側ワイヤー矯正と、ワイヤー矯正の応用技術である裏側ワイヤー矯正、表側と裏側を組み合わせたワイヤー矯正があります。

また、新しい矯正方法としてマウスピース矯正(アライナー矯正)が普及して来ています。

マウスピース矯正は石膏模型を手作業で加工して作成す従来のアナログ(手作業)の方法から進化しています。現在ではコンピューターの3Dデジタル技術によって多次元連続的にプログラムしていくような3Dデジタルマウスピース矯正が実戦導入できるようになってきました。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

マウスピースにはいくつかのメリットがあります。

金属を含むブラケットやワイヤーを歯に装着する必要がない。これは矯正装置が見えづらく審美的な矯正治療ができることを示します。

デジタルプログラムによって穏やか、かつ計算された矯正力で歯に力を加えて行くことができるので、歯や歯周組織に対するダメージと矯正治療による痛みを最小限にすることが可能です。

従来のマウスピース矯正は、抜歯が必要な症例でのマウスピース矯正は不向きと考えられていました。 しかし、進化したマウスピース矯正“インビザライン”は難しい症例も含めてほとんどの矯正の症例に対応出来るようになりました。

見える矯正から見えない矯正へ。
時代は変わってきています。

マウスピース矯正は矯正治療の可能性を広げる治療方法です。

ワイヤー矯正のブラケットやワイヤーもなく、患者様自信がマウスピースを取り外すことが出来るため口腔清掃もしやすく虫歯になりにくいのも特徴です。

また、細やかな矯正力や矯正移動のコントロールが可能なので全顎的な大きな治療から部分的な矯正まで幅広い治療が可能です。

最近ではお子さま(混合歯列期)の矯正でもマウスピース矯正が可能になりました。

アドバンスな方法にもなってきますが、マウスピース矯正とワイヤー矯正、インプラントなどを組み合わせる事によって様々なアプローチで矯正治療を効率的に行うこともできます。

歯並びでお悩みの方は一度、赤羽岩淵ニュー大谷歯科にいらしてご相談下さい。

矯正治療はメリットだけではありません。

成人矯正では、矯正でかかる力と矯正期間の時間で歯根や歯を支えている歯周組織が必ずダメージします。

そのため、成長の完成した歯列に対する矯正は、必ずしも大規模な矯正治療や長期間の矯正治療が理想的ではありません。

歯根や歯周組織へのダメージが最小限にできるように効率的で短期間での矯正治療を行うよう心がけています。このような治療計画の配慮が矯正治療のリスクとデメリットを最小限にし、健康的で現実的な治療計画に繋がると考えます。

また、大きく治療するのではなく、気になるところだけ行う前歯だけの部分矯正などの選択肢も提案できます。

iGOシステム

iGOシステム

iGOではマウスピース矯正の最先端システムのインビザラインの技術にコンピューターAIのプログラムを取り入れ、インビザラインの矯正計画をより効率的にオートマチックに行います。他のマウスピース矯正システムよりも短期間で低価格で矯正を行うことができます。

歯科治療は常に進化しています。新しい治療が最良の治療とは考えていませんが、患者様にとってより良い治療を提案できる歯科医院でありたいと考えています。

iTero

iTero

iTeroはアメリカで開発された光学3Dスキャニングシステムです。

スキャニングを行ったその場で、治療後のイメージを確認することができるので、患者さんは安心して治療をスタートすることができます。

また、歯・歯列をより正確に再現し、従来より精密な治療用マウスピースが制作が可能になったほか、歯型をデータでやりとりできることで、印象材による型どりと比べて治療開始までの期間が大幅に短いこともメリットです。

治療シミュレーション動画
シミュレーション動画 シミュレーション動画

インビザライン

口が閉じない(開口)改善 症例
主訴:前歯で噛み切れない

インビザラインのデジタル技術によって上下の奥歯の圧下(歯を押し下げる)と前歯の挺出(歯を出す)を同時にコントロールし、
上下が良好に噛みあう噛み合わせへと導きました。
インビザラインではこのような圧下と挺出という反対の動きを同時に歯牙レベルで行うことが可能です。
治療後、経過良好で安定しています。

術前

術前

術後

術後
歯並びのがたがた(叢生)改善 症例
主訴:歯のがたがたを治したい

歯ががたがた(叢生)になってしまうのは、歯の並ぶ骨のアーチに対して歯の幅径のスペース不足で生じていることが多いです。
こちらの症例はCT撮影で骨の状態を確認し、デジタルシミュレーションを用いて正しい噛み合わせを得るために必要な適切な歯の幅径の診査・調整と正しい植立位置への誘導を行った症例です。
治療後、経過良好で安定しております。

術前

術前 術前

術後(2.5ヶ月経過)

術後

ブラケット矯正

ブラケット矯正とは

ブラケット矯正

ブラケットという歯の一つひとつに接着させた小さな装置に通されたワイヤーと歯列を連結させて、歯並びを整えていく装置です。

ブラケット矯正の種類

ブラケットとつける位置によって表側矯正と裏側矯正があります。

ブラケット装置のメリット
  • 多くの症例に対応可能
  • ベーシックな装置のため、リーズナブル(表側矯正)
  • 摩擦が少ないブラケット、白や透明なブラケット、歯の裏側に装着するブラケットなど、様々なブラケットがあり、症状や見た目から希望の装置を選ぶことができる
ブラケット装置のデメリット
  • 表側矯正の場合、目立ちやすい
  • 裏側矯正の場合、慣れるまで発音しにい
  • ワイヤーやブラケットの間の歯に、歯ブラシが届きにくく、虫歯や歯肉炎のリスクがある
  • 装着時、一定期間、鈍い痛みや、違和感があったり口内炎ができたりすることがある

※治療効果は、患者様によって個人差があります。