こども矯正・大人の矯正

歯並びは人の印象を左右する重要な因子です。もちろんですが、健康な生活のために歯並び咬み合わせは重要です。

お子様の顔つきや口元、歯並びが気になっている方心配に思っている方。
ご自身の歯並びや口元にお悩みの方は一度ご相談下さい。

歯並び治療は5~12歳頃(混合歯列期、乳歯と永久歯の生え変わり期)に開始するのが有利です。
当院では下記のように、患者様ごとの希望や状況に合わせた治療法をご提案出来ます。

こどもの矯正

インビザライン

口が閉じない(開口)改善 症例
主訴:前歯で噛み切れない

インビザラインのデジタル技術によって上下の奥歯の圧下(歯を押し下げる)と前歯の挺出(歯を出す)を同時にコントロールし、
上下が良好に噛みあう噛み合わせへと導きました。
インビザラインではこのような圧下と挺出という反対の動きを同時に歯牙レベルで行うことが可能です。
治療後、経過良好で安定しています。

術前

術前

術後

術後
歯並びのがたがた(叢生)改善 症例
主訴:歯のがたがたを治したい

歯ががたがた(叢生)になってしまうのは、歯の並ぶ骨のアーチに対して歯の幅径のスペース不足で生じていることが多いです。
こちらの症例はCT撮影で骨の状態を確認し、デジタルシミュレーションを用いて正しい噛み合わせを得るために必要な適切な歯の幅径の診査・調整と正しい植立位置への誘導を行った症例です。
治療後、経過良好で安定しております。

術前

術前 術前

術後(2.5ヶ月経過)

術後

ブラケット矯正

ブラケット矯正とは

ブラケット矯正

ブラケットという歯の一つひとつに接着させた小さな装置に通されたワイヤーと歯列を連結させて、歯並びを整えていく装置です。

ブラケット矯正の種類

ブラケットとつける位置によって表側矯正と裏側矯正があります。

ブラケット装置のメリット
  • 多くの症例に対応可能
  • ベーシックな装置のため、リーズナブル(表側矯正)
  • 摩擦が少ないブラケット、白や透明なブラケット、歯の裏側に装着するブラケットなど、様々なブラケットがあり、症状や見た目から希望の装置を選ぶことができる
ブラケット装置のデメリット
  • 表側矯正の場合、目立ちやすい
  • 裏側矯正の場合、慣れるまで発音しにい
  • ワイヤーやブラケットの間の歯に、歯ブラシが届きにくく、虫歯や歯肉炎のリスクがある
  • 装着時、一定期間、鈍い痛みや、違和感があったり口内炎ができたりすることがある

※治療効果は、患者様によって個人差があります。